女性ホルモン

貧血時だけすっぽんを摂取して効果あるの?

貧血というのは血液中のヘモグロビンが少なくなることで起きます。
ヘモグロビンには酸素を運搬する役割があるので、不足してしまうと酸欠やめまいなどの症状を起こしてしまいます。
すっぽんで貧血は防げるのでしょうか。

そもそもなぜヘモグロビンが少なくなってしまうのでしょうか。
ヘモグロビンは、ヘム鉄という鉄分とグロビンというタンパク質が一緒になってできたものです。
人間の体内にある鉄分のうち、約7割はヘモグロビンに含まれています。
女性は月経や出産・授乳などでたくさんの血液を必要としているので、鉄分も多く摂らなければいけません。
その分不足しやすいので、貧血がおこるのですね。

では鉄分はどうやって摂ればいいのでしょうか。
病院で処方される鉄剤は気分が悪くなるという人もいますし、あくまで症状がひどい時の応急処置です。
鉄分の多い食品から摂るのが望ましいでしょう。
鉄分にも種類があり、主に動物性の食品に含まれているヘム鉄と、野菜などに含まれる非ヘム鉄があります。
ほうれん草などの野菜は鉄分が多いとよく聞きますが、野菜などに含まれる非ヘム鉄は残念ながら体内に吸収されにくい性質があります。
一方レバーなどの動物性の食品に含まれているヘム鉄は非ヘム鉄の数倍吸収が良いので、貧血が気になる方はレバーや赤身の肉、魚などを食べると良いでしょう。

すっぽんももちろん動物性の食品ですので、ヘム鉄を豊富に含んでいます。
ならば貧血になったらすっぽんを摂取すればいいのかと考える人もいるでしょう。
残念ながら食べてすぐに効果があるのではなく、徐々に消化吸収されるので、貧血になってからでは効果はありません。
他の食品でも同じことなので、普段から鉄分の多い食事を心掛ける必要があります。
鉄剤なども同じですので、残念ながら貧血を起こしてしまってからすぐに治す方法はないということになります。

とはいえ、毎日の食事だけで必要量の鉄分を摂るのはなかなか難しく、補助としてすっぽんのサプリメントなどを摂るのは、十分貧血の予防になると思います。
他の効果もそうですが、食べ物の効果というのは即効性があるものではありません。
あせらず毎日すっぽんを続けることで、貧血を予防しましょう。